• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • 金を稼ぐ「才能」よりも大切なこと。

こんにちは。いろはの竹内です。

先日、鏡を見て化粧をしている長女(大学3年)が、

「鼻は呼吸をするためだけにあるんじゃねーんだよ!」

と名言を吐いて怒っていました。

ごめんな。その鼻、俺に似ちゃったんだよ。

怒るなら俺を怒ってくれ!(お前に怒ってんだよ)

ということで。

1日1回は娘に「キモッ」と言われるコンサルタントがお届けする 、

本日のメルマガは、

「成功のポイントは時代との相性」

というお話をひとつ。

★初開催★予測セミナー【in東北】
山形県鶴岡市でたっぷり語ります!
『激変の年に商売繁盛するための最新対策セミナー』
https://www.facebook.com/events/802313710113148/

歴史上の才能溢れる人はどこの時代にもいた説

私がネットビジネスの世界にどっぷりとハマったのは、

2001年頃のEコマースの黎明期でした。

私の住む千葉県に続々とネットショップが誕生して、

関東の勉強会に行くと、埼玉、東京、神奈川からも、

もっともっと大きな売上のネットショップが集まって、

刺激的な人達と情報交換をする日々を過ごしていました。

さらに関西や九州まで足を伸ばすと、

ユニークな方法で新規顧客を集めるネットショップや、

考えもしなかった商品で売上を伸ばすネットショップなどがあり、

全国各地に、個性豊かな才能あふれる経営者がたくさんいました。

そして、17年の月日が流れて・・・

当時、全国に名をとどろかせていたネットショップも、

売上が低迷したり、倒産したりする企業もあれば、

その逆で、ネットショップの成功を足掛かりにして、

不動産やマンションを購入して大金持ちになっていたり、

上場して日本を代表する経営者になっていたり、

時代の流れに乗れた人と、乗れなかった人とで

くっきりと結果が分かれてしまったんですね。

その違いを見て、ちょっと思ったんです。

明治維新の頃に坂本龍馬や西郷隆盛、大久保利通など、

歴史的有名な人物が全国にたくさんいたと思いますが、

もしかしたら、他の時代にも明治維新で活躍したような、

“才能溢れる人”って、たくさんいたんじゃないかな、と。

同じように、三木谷浩史さんや孫正義さんのような

今の日本を代表するような経営者も、実は江戸時代や明治時代に、

たくさんいたのではないかと思ったんです。

だけど、その時代の、その才能に溢れた人達は、

たまたま時代が悪く、表に出てこれなかったんだと思います。

明治維新に誕生していれば坂本龍馬になれた人も、

弥生時代に生まれてしまったために、活躍できなかったり、

ネットの黎明期に誕生したことで成功した三木谷社長も、

江戸時代の平和な時に誕生していたら、

もしかしたら商才を発揮できずに、終わっていたのかもしれません 。

このように、どんなに素晴らしい才能を持った人でも、

時代の相性が悪ければ、成功することはできなかったんだと思いま す。

いいですか?

商売の世界には、人それぞれに

「相性の良い時代」というのがあるんだと思います。

その相性の良い時代に、うまく波に乗れた人が成功者になり、

その逆で、自分と相性の良い時代を見極められなかった人が

その時代に活躍できずに終わっているんだと思います。

例えば、

ネットビジネスの衰退期に、ネットに詳しいからといって、

ネットショップで勝負をしてしまう人や、

コト消費でお客様を集める時代なのに、

安売りが得意だからといって、価格競争で勝負をかける人など、

時代の流れと自分の才能の相性を全く考えずにいると

持っている才能を100%発揮することができずに終わってしまう のです。

さてさて。

今、みなさんのやっているビジネスは、

時代にあっていますか?

自分と相性はいいですか?

今、儲かっていないのは、もしかしたら、

ビジネスモデルや人材、資金の問題ではなく、

時代と自分の性格にあってない商売を

何も考えずにしているだけなのかもしれませんよ。

■あなたは歴史の主役になりたいですか?
【完売間近】2019年予測カレンダー 好評販売中!
https://e-iroha.com/calendar2019/

編集後記

ネット上で間違った情報を掴まないようにするためには、

「どの人が間違った情報を発信しているのか?」

という”人の見極め”がとても重要なんだと思います。

間違った情報を流す人には、

必ず間違った情報を信じてしまう人が集まり、

そういう人たちと距離を縮めてしまうと、

どんどん自分のビジネススキルが下がっていきます。

結局のところ、その人が成功するか否かは、

その人を支援する周囲の人が、どれだけ優秀かで決まってしまうの で、

突き詰めるところ、自分の成功というのは、

周囲の人の”質”で決まってしまうところが大きいんだと思います 。

私は年間数百人の経営者やビジネスマンと会う仕事をしているので 、

なんとなくですが、「この人は成功する」「この人は失敗する」と いう

見極めのようなものは肌感覚で分かるところがあります。

特にFacebookの投稿内容を見ると明らかですね。

さらに共通の友達を見て、「あー、この人の友達なんだぁ」と、

いろいろな考えを巡らせてしまったりします。

Facebookで相手が引くようなレベルのビジネス論を講じて しまうと、

周囲の優秀な人を遠ざけてしまうことにもなるし、

逆に質の悪い人を集めてしまうこともあるので、

ちょっと怖いところがありますよね。

人を繋げるFacebookのはずが、

人を離してしまうツールになってしまうというのも、

なんとも皮肉な話ですよね。

◆自分の未来を真剣に考える良い機会になりますよ◆
「2019年 今年はどうなる、どう売る!」
1月24日(木)18:30~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/h30_08.html

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ