• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 企画術・販促術 > 商品を売るときに大切なのは「極端な分かりやすさ」
  • 商品を売るときに大切なのは「極端な分かりやすさ」

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、みなさんは今回のテレビドラマで、
なんかハマっているのはありませんか?

私はこのドラマにハマっています!

■ブスの瞳に恋している
http://www.ktv.co.jp/busu/

二枚目放送作家がブスの女優に恋をするお話で、
実話もちょっと混じったドラマなんですが、
なかなかスピーディな展開で話が面白いです。

で、今日は、そんなヒットドラマから
商売のネタを引きずり出したいと思います。

あなたのお店に「稲垣吾郎」はいますか?

抜群のキャスティング

今回、この「ブスの瞳に恋してる」で、
一番感動したのはキャスティングです。

いやー、これ以上のない役者の抜擢ですよね。

まず、二枚目の放送作家役には稲垣吾郎さん
(あれ? ネット上に写真ってないんですね)
http://www.ktv.co.jp/busu/interview/interview01.html

で、相手役のブスの女の子役には、
原作を書いた放送作家の奥様と同じメンバーである
森三中の村上知子さん
http://www.ktv.co.jp/busu/interview/interview02.html

そして、そして!
恋敵役の美人カリスマモデルは、
今はときめくキャンキャンモデルの蛯原友里さん
http://www.ktv.co.jp/busu/interview/index.html

二枚目に、ブス役、美人役と、
もうこれ以上、分かりやすいタレント構成はないですよね!

あ、最初に断っておきますけど、
「ブス、ブス」って連発していますが、
ぜひ一度、このドラマ見てください!
「あれ?」って気を抜くとブス役の女の子が、
可愛く見える瞬間があるんですよね~。

だから女性の差別用語で連発しているわけじゃありませんので、
ご了承いただければと思います。

で、話は本題に戻して。

このドラマ、
二枚目、ブス、美人と、分かりやすいキャスティングによって、
話の展開がとっても理解しやすいんですよね。
複雑な人間関係もすぐに納得できる。
感情移入だってしやすい。

だから「分かりやすい」と「面白い」は、
やっぱりイコールなんですよね。

でもですよ。

もし、ここでキャスティングにミスがあったらどうです?

例えば二枚目役に、
うーん、そうだなぁ、ユースケサンタマリア
http://dir.yahoo.co.jp/talent/37/m99-0513.html

美人役に……根元はるみ
http://dir.yahoo.co.jp/talent/24/w03-0468.html

で、ブス役に……山田花子
http://www.fandango.co.jp/talent_prf/action/TalentProfileDetailSearchAction?unitId=0&talentId=10519

こうなったらどうです?
3人がたとえさっきのキャスティングと
同じ演技力だったとしても、ちょっとピンときませんよね。

なんだか中途半端。

「ユースケサンタマリアが二枚目放送作家か?」
「根元はるみも確かに美人かもしれないけどさぁ」
「花子もちょっと露骨過ぎるんじゃない?」

こんな感じ。
二枚目も美人もブスも、頭の中で「?」が浮かぶ、
そんなキャスティングだと、伝達力が弱くなってしまう。

だから、このドラマのいいところは、

目的がハッキリしているところなんですね。

妥協は一切なし!
二枚目は二枚目!
ブスはブス!
美人は美人!

で、そう世の中で思われているタレントの、
最大公約数で思われている理想のキャスティングに成功したことが、
このドラマのいいところなんですね。

その証拠にホラ、
このドラマ、結構支持率高いですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060426-00000006-oric-ent

演出家のキャスティングのマーケティングが
見事に的中したって感じです。

さてさて、
みなさんのお店に置き換えて考えてください。

店舗から発信されている情報が
中途半端になっていませんか?

安いのか?
上手いのか?
量が多いのか?
キレイになるのか?
可愛いのか?
目立つのか?
役に立つのか?

これらの表現が強烈に伝わっていますか?
中途半端な表現はミスキャストになりますよ。

「激安」と「安く」は反応は違いますし、
「かわいい」と「メチャかわ系」では響きが違います。
「一生困らない」と「便利」では、また受け止め方に差があります。

そう、キャッチコピーと表現するページは、
極端じゃなきゃ伝わらないんです。

あなたのお店で
商品にミスキャストなキャッチコピーをつけているものってありませんか?

編集後記

前回のメルマガでは励ましのメールをたくさんいただき、
本当にありがとうございました。
お返事はできていませんが、すべて目を通させていただきました!

これも自分の人生の試練だと思って、
前向きにすすんでいきたいと思いますので、
これからも応援のほど、よろしくお願いしますね!

で、そんな中!

4冊目の本が6月2日に発売されることが決まりました!

あ、まだ仮決定ですが、たぶん、ボクの追加原稿の執筆が予定通りに進めば、
6月中旬までには販売できると思います。

次の本はちょっと趣向を変えて、
「企画書の書き方」の本です!

どちらかと言えば正攻法のビジネス書ですよね。
マジメにしっかり書かせていただきました!
サラリーマン向けの本になっていますので、
冴えた企画マンを育てたい経営者は、ぜひご一読のほどを!

もちろん!
現在発売中の本も、買っていない人がいましたらよろしくお願いしますね
「楽天でNO1.になれた幸せなお金の儲け方」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872576411

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ