• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 企画術・販促術 > 企画書をすぐに出す奴は天才なのか、バカなのか?
  • 企画書をすぐに出す奴は天才なのか、バカなのか?

こんにちは! いろはの竹内です。

さて、先日、このメルマガで、

『高1の娘のipodの485曲を全て消してしまった』

というお話をさせて頂きましたが、

恐る恐る、夜に京都の出張から帰宅したところ、

まぁ、予想はしていましたが、

娘がipod(曲なし)を握りしめて、無表情でソファに座っているんですね。

うーん、うまく言葉では説明できないんですが、

たとえるのなら、「あしたのジョー」の最後のシーンのような、

白く燃え尽きちまったような感じで、ぼーっと座っているんです。

で、私を見つけるなり、薄ら笑いを浮かべながら、

「あ、お父さん」

と、抜けたような声で私に話しかけてきました。

「ごめん……ぜんぶ、曲消しちゃった」

「仕方ないよ。ワザとじゃないんだし」

「ごめん」

「いいって、いいって。気にしてないから。はははっ、はははっ……」

という感じで、悲壮感の漂う笑顔で許してくれました。

で、その後、当初入れる予定だった、

CDの曲を改めてipodに入れ直してあげて、

めでたし、めでたし♪

新たに5曲インポートされたipodを見ながら、

「485曲が5曲になっちゃったね……」

と、娘が淋しそうに言った言葉が今でも耳から離れません。

ええ、娘をこんな淋しい思いにさせたのは、

いったい、誰なんでしょうか!(←お前さんです)

ということで、許してくれたんだか、許してくれないんだか、

よく分かりませんが、本日のメルマガは、新刊のご案内!

「578円」のお手頃価格でサクッと読めます!

「10年後も食っていけるのは、どっち?」
http://www.amazon.co.jp/dp/4046001550

 

 

ビジネスセンスを図るテストが、全40問収録

 

 

さて、今回、KADOKAWA中経出版さんから発売された、

『10年後も食っていけるのは、どっち?』ですが、

実は、こちら、2010年に発売された、

『稼ぐ人の思考法』を文庫化したものなんですね。

本の内容を一言で表現すれば、

10年後も、お金を稼ぎ続けられる人の思考法って、

お金が稼ぎ続けられない人と、どこが違うんだろう?

という素朴な疑問を2択のクイズ形式でまとめた、

ちょっと変わったビジネス書に仕上がっています。

例えば、問題をいくつか抜粋すると・・・。

=================

A:じっくり企画を練ってから、3日後に企画書を提出する人。

B:打ち合わせの直後に、企画書を提出する人。

どちらが10年後も稼ぎ続けられる人材か?

=================

=================

A:流行のブランドを、すぐに買ってしまう人

B:自分の大好きなブランド以外には、目もくれない人

どちらが10年後も稼ぎ続けられる人材か?

==================

==================

A:商品企画会議で、不可能なことを平気で提案してくる経営者

B:商品企画会議で、実現可能なことからしっかり提案してくる経営者

どちらが10年後も稼ぎ続けられる人材か?

==================

==================

A:広告費を使って、売上を伸ばそうとする経営者。

B:商品の良さを、口コミで広めて売っていこうとする経営者。

どちらが経営者の決断として正しいか?

==================

と、こんなビジネスセンスを試すテスト問題が、

ドーンと40問収録されているんですね(しかも価格が578円!)。

答え、気になりますよね?

例えば、上記の例題の中から、

試しに1問だけ回答させて頂きますが……。

==================

A:広告費を使って、売上を伸ばそうとする経営者。

B:商品の良さを、口コミで広めて売っていこうとする経営者。

どちらが経営者の決断として正しいか?

==================

上記の場合、ビジネススキルがあって10年後も食っていける人材は、

「A」になると私は思っています。

「えーっ、広告費なんか使って売上なんか伸ばしちゃダメだよ」

そう思った人は多いと思います。

実際、「広告費を使って売上を伸ばす」ということは、

イメージ的にお金に頼って売上を伸ばすと解釈されやすく、

拒否反応を示す人が多いと思うんですね。

しかし、「広告費を使う」ということは、

「いくらつっ込めば、いくら取り返せる」という、

投資の「リスク」と「リターン」が計算できる販促戦略なので、

その法則さえ見つけることができれば、

戦略的に売上を伸ばすことができるんですね。

例えば、10万円の広告をつっ込んで、1.2倍に売上が伸びたとした場合、

次に20万円の広告をつっ込めば、

ある程度、1.2倍以上の売上を将来的に見込むことができるようになるんですね

このような、売上を伸ばす一定の“法則”さえ分かれば、

あとは、リピートを作る仕組みと、利益率を高める工夫をほどこすだけで、

計画的に黒字体質の企業を作ることができるわけです。

対して、「B」の

『商品の良さを、口コミで広めて売っていこうとする経営者』ですが、

これは、一見、正攻法に見えるんですが、

これほど効率の悪い手法はないと私は思っています。

そもそもどうやって「口コミ」を意図的に仕掛けるんですか?

商品の良さを人づてで確実に広める方法って、具体的にあるんですか?

このように、「口コミで商品を売っていく」「良い商品だから売れる」という、

売り手側の都合で作った戦略というのは、

買い手側がどうしても不在になってしまうので、

不安定な「売れる仕組み」にしかならないんです。

いいですか?

ほとんどの儲かっている会社は、「仕組み」でモノを売っています。

「仕組み」と聞いたら、すぐにオペレーションやマニュアルを想像する人が多いんですが、

実は、「投資」と「儲け」のバランスをしっかり考えた戦略が立てられることを、

“儲かる仕組み”というんですね。

ご存じの通り、「お金儲け」は“運”の要素がとっても大きいです。

その“運”の要素を確実にするのが、

販促戦略であり、マーケティングであり、売り手側の情熱だったりするんです。

そこに「口コミ」だの「良い商品」だの、

そんな「運」に頼る販促手法をかましてしまったら、

すべてが「運任せ」の売り方になってしまいます。

とても10年後もメシを食っていける手法ではありません。

広告費という投資を戦略的に考えて、

確実に売上を作れる人こそ、

10年後もメシを食い続けられるんだと思います。

さてさて、あなたは10年後もメシを食い続けられる人ですか?

40問中、何問正解するのか、一度チャレンジしてみてくださいね。

■578円のビジネススキルテスト文庫本!! 発売開始!

≪新刊≫『10年後も食っていけるのは、どっち?』
http://www.amazon.co.jp/dp/4046001550

■【2月14日】開催迫る!
「M&Aを世界一やさしく解説します」
あなの会社は高く売れます! 赤字の会社でもあきらめないで!

2014年の「出口戦略」のコツ教えます!
https://e-iroha.com/seminar_140214/

編集後記

わたくし、今は年間で80回ぐらいセミナーやっているんですが、

その原点っていうのが、実は「大阪」にあるんですね。

まだコンサルタントとして無名だった10年前、

大阪商工会議所の大迫さんというスタッフの方が、

わざわざ大阪から千葉の成田の事務所までやってきてくれて、

「竹内さん、ぜひ、大阪でセミナーやってください!」

って、声をかけてくれたんです。

何度も言いますが、私、その頃、本当に無名のコンサルタントでした。

本も一冊しか書いていませんでしたし、

セミナーに関しても、本当に知り合いの会社とかでチョロチョロやっている程度で、

細々と生計を立てている地方のいちコンサルタントでしかなかったんです。

でも、大阪商工会議所の大迫さんは、

僕の1冊目の本を読んで「この人だ!」と思ってくれて、

上司を説得して、わざわざ千葉の成田まで出張しにきて、

そして、「大阪商工会議所」という大きな舞台を用意してくれたんです。

それから、10年。

僕は大阪商工会議所の仕事だけは、

特別の意味を持ったセミナーという位置付けで取り組んでいます。

年間で、全国各地でいろいろセミナーをやっていますが、

やっぱり、僕を表舞台に引きずり出してくれたのは、

この「大阪商工会議所」であり、ここに毎回、セミナーを聞きに来てくれる、

熱い商売魂を持った大阪の商売人のひとたちに支えられて、

今の自分がいると私は思っています。

僕の新刊が、ダントツで今でも売れるのが、実は紀伊国屋の梅田店なんです。

で、今現在の仕事も、実は東京よりも関西方面が多かったりします。

こうやって、今の僕は大阪の人たちに支えられているところが大きいんです。

2月24日に大阪産業創造館で、

2014年の「成功キーワードセミナー」を開催します。

このセミナーでは、

DM作り、チラシ作りに役立つ「新規顧客をがっちり掴む紙媒体」の攻略から、

ネット販促のSEO、キーワード広告のトレンド情報、

さらには、増税後でも商品を高く売るための販促テクニックまで、

気合いを入れた2時間を、大阪のみなさんへのご恩返しのつもりで開催します!
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201312/D41131219015.html

また、10年間、こうやって頑張って大阪でセミナーをさせて頂いた、

ちょっとした恩返しのつもりで、今回、参加されたみなさん全員に

「消費税アップを逆手にとる販促テクニック」を無料プレゼントさせて頂きます!

ぜひぜひ、ふるってご参加いただければと思います!

この日は竹内謙礼を“踏み台”にするつもりで、

がっちり売れるノウハウを盗んでいってもらえればと思います!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ