• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 企画術・販促術 > 土日が絡んでくるバレンタインは、どんな販促手法が効果的か?
  • 土日が絡んでくるバレンタインは、どんな販促手法が効果的か?

こんにちは!
いろはの竹内です!

先週から先行予約販売がスタートした、
「売れる販促企画&キャッチコピーカレンダー」の、
2009年版!

おかげさまで今年もたくさん注文を頂きました!

《12月中旬頃 お届け予定です!》
詳しくはクリック!
http://www.e-iroha.com/calendar2009/

このカレンダー、他のカレンダーと大きく違うところは、
販促イベントの日が告知されているだけではなくて、
販促イベントを「スタートさせる日」と「準備を始める日」の、
両方が記載されていることなんですね。

例えば、「バレンタインデー」の場合、
販促イベントの日はご存知の通り2月14日。

ということは、最低でも1月14日前後から、
販促セールを始めないとダメですよね?

そうなると、1月14日には商品もイベント内容も決まってなきゃいけないから、
仕入れや準備も考慮すれば、最低でも1ヶ月前から始めなきゃ間に合わない。

そうなると、
「今年のバレンタインは何をしようかな?」という話し合いは、
12月14日頃には、もうすでに決まっていなきゃダメ!

でも、毎年、この時期は年末年始の忙しさに追われてしまって、
準備もできず、バレンタインの企画はズタボロ・・・。

そのためにも、
この販促カレンダーは、ちゃんと12月15日に、

「バレンタイン企画立案」という文字が記載されています!

いわゆる、ただ販促企画の日程を記載しているカレンダーと違って、

「いつ、何をすればいいのか?」

というのが、記載されているのが、
このカレンダーの特徴なんですね!

■08年のカレンダーの「利用者の声」をお読みください!
http://www.e-iroha.com/calendar2009/

で、今回は、そんなカレンダーの中から、
ひとつ事例を紹介しようと思います・・・。

今年のバレンタインはいつもと違うぞ!

この竹内謙礼の09年カレンダーの“実力のほど”について、
ひとつ事例を紹介しましょう。

引き続き、バレンタインのお話をさせて頂きますが、
実は来年のバレンタインデーの2月14日は、

「土曜日」なんですね。

つまり、会社や学校はお休み。
これは何を意味しているかというと、

「義理チョコがそんなに売れない」

ということになります。
もちろん、13日に渡す可能性も高くなりますが、
明らかに例年に比べて義理チョコ、友チョコを渡す確率は、
グッと低くなるわけです。

さらに。

「土曜日」がバレンタインとなると、
おそらく、「ちょっと会社の帰りに食事でも」という流れから、
「せっかくだから1日デート」もしくは「土日で泊まりで♪」
なーんて、状況に追い込まれるカップルが、
非常に増えてくるわけですね。

そうなると、ですよ。

おそらく、「特別な日」になるわけですから、
ファッション関係の需要はちょっと熱くなるし、
旅行関係の業界もちょっと気合を入れて宣伝をかければ、
そこそこ当たりはいいはずです。

さらに景気も悪いですから、
「近場でゆったり」的なカップル対象にした旅行コースには、
非常に勝機がある販促イベントになると思いますよ。

で、もっと突っ込んで予測させてもらえれば・・・。

今年のバレンタインのチョコレートのキャッチコピーには、
「持ち運びが便利」がキーワードになると思います。

「持ち運んでも崩れない一口チョコレート」
「2日間常温でも溶けないチョコレート」
「薄いチョコだからポーチの中にもサクッと入る!」

こんな感じかな?

土曜日のデートに本命チョコを持っていく可能性が高いですから、
あんまり大きなチョコを長時間持ち運べない。
会社や学校で会って「さっ」と渡すのとワケが違いますからね。
そうなると、おそらくチョコ全体が「小型」になる可能性がある。

そうなれば、ですよ。

チョコだけを渡すのでは、
小さくて見栄えが悪いということで、

「時計」とか「マフラー」とか、
そういう“二次的なプレゼント”に消費がシフトしていくのではないかな、と。

さらに応用編としては・・・。

バレンタインギフトが旅行先やデート先に届けるサービスとか、
ファミリーを対象にした一緒にバレンタインチョコを作るイベントとか、
いろいろ「土曜日のバレンタイン」は販促イベントの対応幅が広いです。

「おいおい、竹内さん、それは机上論だよぉ!」

はいはい、そう思った人も多いと思います。

でも、ですね。
もうひとつ、お得な09年のカレンダー情報を言わせていただければ、

3月14日のホワイトデーも「土曜日」なんですよね・・・。

今年の2月と3月は、
Wでちょっと大きなビジネスチャンスになると思いますよ!

このような1年間の“先読み”が、
がっちりまとまっているカレンダーですので、
ぜひ一度試しに使ってみてくださいね!

編集後記

せっかくなので、
もう少しバレンタインの話を引っ張るんですが・・・。

私、初めてバレンタインのチョコレートをもらったのが、
小学5年生の時でした。

隣に座っていた女の子が突然、「カバンをちょっと貸して」と言ってきて、
僕の通学バッグを強引に取り上げると、
サッとチョコレートらしきものを突っ込んだんですね。

で、ドキドキしながら学校帰りに、
公園に立ち寄ってカバンをあけると、
そこには小さなチョコレートとお手紙が入っていました♪

家にチョコを持って買えると、兄弟に冷やかされると思って、
そのまま寒い寒い公園で、
ひとりでチョコレートを食べてしまったこをと、今でも覚えています。

「いい思い出ね~」

って、みなさん、そう思うでしょ?
実は、この話には後日談があるんです。

それから3年ほどたって私が中学2年生になった頃。

駅の近くを夜、自転車でチャリチャリと走っていると、
細い路地の自販機のまわりでウンコ座りしている、
髪の毛が金色のヤンキーの集団がたむろしていたんですね。

真面目少年だった私は、目があったら絡まれると思って、
サーーーッと知らない振りをして、自転車で走りすぎようとしたら、

「あっ、ケンレーじゃん!」

っと、そのヤンキー集団から突然声をかけられました。
当然そんな不良集団に友達なんかいなかったので、
何事かと思って振り返ると、

そこには、小学5年生の時に私にバレンタインチョコをくれた
女の子が混じっていたんです!

小学校を卒業して中学校がバラバラになったので、
その子とは、ぜんぜん会っていなかったんですが・・・。

髪の毛は茶色。
夜なのになぜか学校の制服を着ていて
スカートは超がつくほど長くて、
頭の悪そーーーーな男に肩を組まれながら、
空き缶を口でくわえて、
話している言葉はちょっとロレツが回っていませんでした。

「よぃ~ ケンレー、久しぶり~」
「……や、やぁ」
「元気~」
「げ、げんきだよ」
「ふ~ん、アタイはこの通り元気びんびんだよ~」

ほとんど会話らしきものが成立しないまま、
彼氏っぽい男の目線が厳しくなってきたので、
「じゃあ、僕、観たいテレビがあるからさ」とか、
なんだかワケの分からない言い訳をしながら、
その場から一目散に逃げ帰ってきました。

その後、女の子と同じ中学校に行った友達に会ったので、
彼女の近況を聞いたところ、

「あー、あの子、毎日シンナー吸ってラリっているよ」

うーん。
甘いチョコレートの話なのに、なんだかオチが苦いお話でした。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ