• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • オープニングでもっとも必要なこと

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、大阪で開催される2日間ネットショップ集中講座
『バカ売れネット通販塾』(大阪商工会議所主催)
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/juku2006/

おかげさまで7月20~21日の3期は満員御礼!
4期の7月27日~28日は、

残り2席となってしまいました!

この2席が埋まり次第、
終了とさせて頂きますのでご了承下さい。

大阪商工会議所の会員さんで参加費が4万2000円。
会員さんじゃなくても6万3000円で2日間の集中セミナーが受講できます!
たっぷりと指導させて頂きますので、ぜひ、ご参加してくださいね!

一クラス16人の少人数制ですので、
一人一人の疑問に丁寧に答えていきたいと思います!

で、宣伝はここまでにして今日のお話。
今日は「ラジオ」のお話です。

FMラジオ出演

さて、先日、福井に出張した際に、
FM福井のラジオ番組に出演させて頂きました。

「あばさけビジネス道」
http://www.abasake.com/

いやー、面白かったですね!
ラジオ、病み付きになりそうですよ。

ちなみに、第一回の収録は先週の7月11日に放送。
第二回の収録は本日18日の夕方17:00から放送予定です。

もし、北陸にお住まいの方でこのメルマガを読んでいたら、
その時間にラジオに耳を傾けてみてください。
あ、その他のエリアのみなさんは、
後に上記のホームページでノーカット版の放送が、
数日後にダウンロードできるそうです。

お時間のあるときに聴いてみてくださいね。

でね。

ラジオに出演した際に、
まぁ、聴いていただければ分かるんですが、
ペラペラとずっと話していたわけです。

今回は進行役パーソナリティのみなさんがリードしてくれたので、
リラックスして話せたのですが、
こういうフリートークは、聴いている人が少ないとメチャ辛いです。

特にセミナーなんか参加者が少なかったら、
悲しいやら、情けないやらで、つらいつらい!

私の過去のセミナーで参加者最小だったのは、

3人。

ええ、もちろん駆け出しの頃ではありますが、
未だにこの記録は破られていません。
で、あまりの少なさに主催者側が慌てて、

「この講演はネットで生放送されていますから、
インターネットを通じて聴いている人がたくさんいます!」

って言うもんだから、

「みなさーん、聴いていますかー! 聴いてたら今、メール飛ばして下さーい!」

と、マイクで呼びかけたところ……。

返事は2通。

全国で5名の受講者に対して、
2時間のセミナーをやらせて頂きました。

いやー、マジで辛かったですよ。
駆け出しの頃とは言え、二度とやりたくない人数ですよね。

トークでも文章でも何でもそうですが、
反応がないと、やっている側もやる気がなくなってしまいます。
どんなに頑張っても、
レスポンスがないというのが一番挫折する原因になるんです。

これは商売も同じ。

客の反応がないのが、一番ツライです。
やる気が一気になくなります。

だから、商売をスタートさせる時は必ず、
「反応がある仕組み」を作って下さい。

広告を投下するもよし、
マスコミにリリースを撒くもよし、
チラシを配布するもよし、
無料で商品を配るもよし、

とにかく、反応がないと、
不安で不安で次に勧めません!

100あったやる気が簡単にゼロになりますよ!

ネットだろうがリアルの商売だろうが、
所詮は人間の「やる気」で売上は決まりますから、
その「やる気」を萎えさせないためにも、

スタートダッシュでは「集客」に手を抜かないで下さい。

編集後記

最初のオープニングダッシュがかけられなくて、
そのまま撃沈していくネットショップをたくさん見てきました。

どんなに下手な商売でも、
最初に「成功体験」を味わった商売人は、
そのまま勢いに乗せて売上を伸ばしてくケースが非常に多いです。

反対に成功体験が味わえないまま、
「やっぱりダメだったんだ」と諦めてしまうネットショップは、
そこで「負け」のクセがついてしまい、

商売そのものの「運」に見捨てられてしまうのですね。

商品が売れないのはアナタが悪いのではありません。

ネット通販の「仕組み」を理解していないのが悪いのです。

今回、大阪で小学生でも分かる内容でセミナーを行ないます。

売上が伸びなくて困っている人、
これからネット商売を始めたい人、
従業員に一からネット通販の教育をしたい人、

ぜひ、ご参加下さい。
答えは「基本」にあります。お会いできることを楽しみにしております。

バカ売れネット通販塾
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/juku2006/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ