• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
2011/08/20
  • 会社の売却を真剣に考える

こんにちは!
いろはの竹内です!

さて、ようやく本格的にお盆休みが明けましたね!

「よーし、これからバリバリ仕事するぞ!」

って、気合を入れたいところですが、
こんなに暑くて、ダルい中で、
仕事のやる気なんか起きませんよね~。

さらに、8月はどんな商売でも売上が低迷するもの。
せいぜい、売上がアップするのは、
カキ氷屋さんと東京電力ぐらいですよ、ええ。

それに、長期休みの後って、
どうしても仕事のやる気が沸きません。

「いっそのこと、会社なんてなくなればいいのに……」

そう思っているアナタ!

そう!
あなたの会社、売っちゃうっていうのはどうですか?

今日はそんな「会社の売り方」についてのお話です。

商売は育てて売った奴が一番賢い

自分の会社って、今、いくらぐらいで売れると思いますか?

「10億ぐらいの価値があるんじゃないの?」
「いやー、借金があるから誰も買ってくれないよ」
「いやいや、1000万円ぐらいなら買ってくれるところがあるよ」

いろいろな意見が交錯すると思いますが、
私の経験上、

思いのほか、会社っていうのは高く売れます!

ええ、自分が気がつかないだけで、
あなたの会社の販売力や商品力を欲しい人はいますし、
それだけ世の中、儲かっている会社は「金あまり」の状態です。
イチからビジネスモデルを立ち上げるよりも、
すでに軌道に乗っている企業を買い取った方が早い。
賢い経営者は、常にそういうことを考えています。

でも、実際問題、

今の自分の会社がいくらぐらいの評価で、
誰が買ってくれて、
どのような手続きを踏めばいいのか、

良く分からないのが現状ですよね。

そういう人にお勧めなのがコチラのサイト。

株式評価.com
http://www.kabuvalue.com/

こちらのサイトに問い合わせますと、
公認会計士さんが会社そのものの株価を評価してくれて、
会社の売却方法や価値の向上についてアドバイスをしてくれます!

私のような経営コンサルタントと同じで、
財務面でいろいろ相談にのってくれるのが、
このサイトの特徴ですよね!

「うーん、でも、いきなり相談するのは・・・」

って、悩んでいる人は、
まずはメルマガを購読することをお勧めします。
IPOやM&Aのことが、

メチャメチャ分かりやすく書いています!

とりあえず、お盆明けでちょっと一段落ついたこの時期、
自分の会社の価値を調べるには、
ちょうど良い機会だと思いますので、

「もしかしたら会社を売った方がお得かも・・・」

と言う賢い経営者の人は、
是非一度、相談してみてくださいね。
「Q&A」のところにコンサルティング料金も出ていますので、
安心できる業者さんですよ。

株式評価.com
http://www.kabuvalue.com/

編集後記

さて、今回紹介した「株式評価.com」さんですが、
実は真骨頂なところは、

株式公開の「IPO」の戦略相談にあります。

上場を考えたい会社は、
ホント、一度、相談されることをお勧めしますよ。
質の悪い公認会計士に当たっちゃった場合、
直前まで頑張ったのに、いきなり書類不備で却下されることって、
たくさんありますからね!

知識と経験が豊富な公認会計士に相談されることをお勧めしますよ。

で、最後に今回のメルマガの肝をひとつ。

経営者っていうのは、
走り続けることが大切ですが、
やはり人間、走り続けることに疲れることだってあります。

最初はやる気いっぱいで始めた会社も、
従業員が増えて、売上高が増えれば増えるほど、
心労が増していきます。

「俺って、何のために働いているんだ?」

これを見失ってしまっている経営者が多く、
その事実に目をそらし続けた結果、
気がついたら、取り返しのつかない状況へ
追い込まれてしまった経営者をたくさん私は見てきました。

「何をやるか?」ではなく、
「何歳までにいくら必要か?」

実は、この部分が経営者の一番の、
核心部分なのかもしれません。
だから事業というのは、盛り上がって調子がいい時にこそ、
一番パワーのある人に売却するのがベストだと思います。

その方向転換の第一歩が、
もしかしたら「会社の売却」や「IPO」の
第一歩なのかもしれません。

そんなことを考えつつ、
これを機会に会社の「今後」について、
真剣にイメージしてみるのも、

残暑の楽しい過ごし方になると思いますよ。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ