• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • 東南アジアのネットビジネス④タイ編

 

さて、最終日は、タイのバンコクの、

ネットビジネスを視察するツアーです。

※3日目のタイ・マレーシア移動編はコチラ

最初に訪問したのは、

東南アジア最大といわれる物流会社「エーコマース」

IMG_1949

 

 

 

 

エーコマースは渋滞の激しいタイ国内でも、

2~3日で商品を届けることが可能で

月に10万個以上の商品を出荷しているそうです。

Eコマースの物流に関しては、

アマゾンが進出してくる可能性もありますが、

社長さんいわく、アマゾンは東南アジア諸国の

小さな市場にはあまり興味がないらしく、

言語や交通の問題もあることから、

しばらくは進出してこないのではないか、ということらしいです。

また、日本の商品も人気らしく、倉庫の中を歩いてみると、

IMG_1959

 

 

 

 

オムツの「マミーポコ」や、

IMG_1960

 

 

 

 

テッシュの「エリエール」などのダンボールが目につきました。

 

 

その次に伺ったのは、楽天市場がタイで展開している、

「楽天タラッド」

会社に訪問すると、

IMG_1974

 

 

 

 

入口は、なかなか拍子抜けの雰囲気。

しかも、

IMG_1976

 

 

 

 

タイでも、楽天スーパーセール50%オフを展開中のご様子。

ええ、どうやら楽天には「国境」というものは、存在していないようです。

そして、ドアの隙間から見えたのは、

IMG_1977

 

 

 

 

楽天イーグルスのユニフォーム。

その奥には、目玉が片方黒いダルマが見えました。

「世界戦略」を掲げる楽天の懐の深さに、

日本人としてちょっと恥ずかしくなる今日この頃です。

その後、楽天タラッドの社長さんから

IMG_1978

 

 

 

 

今は、Eコマースだけではなく、

データ解析やCtoCビジネス等の事業も手がけて、

グループ全体で収益を上げていくという

貴重な戦略のお話を聞かせていただきました。

 

 

次に訪問したはのは、タイでアパレル商品を取り扱う

「ウェアユーウォント」

SEOを駆使して、有名ブランドを売っていくその手法は、

日本のZOZOタウンに販売スタイルが近いかもしれません。

ちょうど、ロシア系のモデルさんが最新水着の撮影をしていて、

IMG_1992

 

 

 

 

ツアー参加者全員、緊張しまくりになってしまいました。

ちなみに、モデルさんの時給は1時間3000円程度。

このくらいのコストであれば、

モデルを使ったほうが、商品の見栄えがよくなりますよね。

 

 

 

この日、最後に訪問したのが、

独自の物流システムを持ちながら、雑貨のEコマースを手がける「モクシー」

IMG_1997

 

 

 

 

バンコクは配送環境がよくないということから、

この会社では、独自でバイクやバン、トラックを所有。

バンコク市内であれば、1日で届けるということをウリにして、

ハイセンスな雑貨を売るのが、

彼らのビジネスモデルのコンセプトだったりします。

しかも、バイク便になぜか、

IMG_1999

 

 

 

 

非常に壊れやすいことで有名な、イタリア製のべスパを使用。

「このほうが、配達した時にカッコいいだろ」

と、社長さんは自慢げにおっしゃいますが、

この灼熱の東南アジアで、

本当に空冷エンジンのべスパで荷物が届くかどうか、

ちょっぴり不安になってしまいます。

 

最後にモクシーのスタッフの皆さんと記念撮影をして、

IMG_2006

 

 

 

 

今回の東南アジアのネットビジネスの視察ツアーは全て終了!

「みなさん、お疲れ様でしたー!」

ということで、

夜はアイ・エム・ジェイのスタッフのみなさんと、

打ち上げの食事になりました。

「ホテルの近くに、面白いレストランがあるんだよ」

といって連れてこられたのが、こちら。

IMG_2007

 

 

 

 

 

「キャベジズ&コンドームズ」という、

ふざけた名前のレストラン。

店内に入ると、

IMG_2011

 

 

 

 

こんなふざけたオブジェがあったり、

IMG_2009

 

 

 

 

こんなわけの分からない顔看板があったり、

IMG_2019

 

 

 

 

電球かと思って近づいてみたら

IMG_2016

 

 

 

 

全部、コンドームで作られていたり。

とにかく、コンドームがコンセプトの

意味の分からないお店なんですが、

IMG_2020

 

 

 

 

これがどっこい、なかなかの混雑ぶり!

しかも、食事が終わったら、

IMG_2027

 

 

 

 

焼肉屋さんのガムのように、コンドームを渡されるという始末。

 

まぁ、味が美味しいお店だったので、

許されるコンセプトではあるんですが、

機会があったら、この店の社長さんに、

店舗を運営する真意を聞いてみたいものです。

 

 

というわけで、

今回の東南アジアのツアーは、これにて、無事終了しました。

東南アジアは、ITのリテラシーがそんなに高くない中で、

インターネットのインフラが一気に普及したこともあり、

まだまだ市場全体が整備されていない状況です。

そのため、オンラインとオフラインの境目がなくなっていて、

非常に複雑な販促に取り組まなくては、

うまく売上を作ることができないのではないかというのが、

私の今回のツアーに参加した感想だったりします。

でも、反面で、市場やインフラに問題があるぶん、

その問題を解決するビジネスは、成功する確率が高いといえますので、

ぜひ、何か面白いビジネスアイデアがあったら、

東南アジアの商売にチャレンジしてもらえればと思います!

 

そんなわけで、このブログの最後は、

私がバンコク市内の日本人街で見つけた、

面白看板でお別れしたいと思います。

IMG_2031

 

 

 

 

「ガールズ小料理居酒屋」って何だよ。

IMG_2035

 

 

 

 

トマトヌードルなんて食べたくないんですけど・・・。

IMG_2039

 

 

 

 

「たこえもん」って店の名前なのに、

看板のイラストはネコだし、麺類ばかりでタコないし。

IMG_2033

 

 

 

 

これは、さすがに訴えられないか!?

IMG_2038

 

 

 

 

「ドクター・ポン」って、誰なんだよ……。

 

【お知らせ】

※こんな感じのレポートを、毎週メルマガでお届けします!

「竹内謙礼のボカンと売れるネット通販講座」

みんな読んでね!

詳しくはコチラ!

 

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ