• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 海外の販促事情 > 東南アジアのネットビジネス②マレーシア編
  • 東南アジアのネットビジネス②マレーシア編

 

さて、東南アジア視察旅行2日目。

※1日目のインドネシアツアー記はコチラ

翌朝、朝4:00にロビーに集合して、

LCCのエアアジアでマレーシアへ。

IMG_1336

 

 

 

 

最初に話を伺いにいったのは、

マレーシアで雑貨や家具のネットショップを運営する

「ミルクアディール」。

時間がなかったので、ホテルのレストランでミーティングです。

IMG_1361

 

 

 

 

驚いたのが、注文の66%が、

首都のクアルランプールからの注文だという点。

マレーシアの富裕層が、

首都のクアルランプールに集中してしまうため、

このような歪な消費構造になってしまうそうなんです。

で、最後にミルクアディールの社長さんと記念撮影。

IMG_1363

 

 

 

 

記念に私の著書をプレゼントしたのですが、

逆さに読み始めて、

「日本語は難しい」

と、顔をしかめていました。

 

さて、次に伺ったのが、日本でも健康食品のネット通販で有名な

「爽快薬局」

IMG_1371

 

 

 

 

こちらも、時間がなく、

ランチを食べながらのミーティングとなりました。

IMG_1372

 

 

 

 

話を聞いた限りでは、中国やアメリカと比べて、

マレーシアは日本の健康食品が仕入れやすい印象。

日本商品ブランドの人気が高いので、

他の諸外国に比べて、販売チャンスは大きいと思います。

 

次に伺ったのは、東南アジア6ヶ国で、

アパレル商品を大規模に販売する「ラザーダ」。

IMG_1377

 

 

 

 

景色の良いキレイなオフィスでミーティングです。

IMG_1380

 

 

 

 

ドイツの投資会社、

ロケットインターネットの出資を受けていることもあり、

スタッフは欧米の人がほとんど。

物流拠点を各国に構えて、即日配送を展開して、

メーカーに倉庫を貸し出しするスタイルは、

amazonにとても似ているビジネスモデルといえます。

 

このミーティングが終わると、

すぐにタクシーに飛び乗って次の訪問先に移動!

 

向かったのが、

アジア系の女性ファッション商品を取り扱っている

「ファッションバレット」

IMG_1402

 

 

 

 

こちらの社長さんが、学生の頃、

イギリスに留学して、今の奥さんと知り合い、結婚。

その奥さんが、アジア系のファッションを紹介する

ブロガーとして人気者で、

そのトラフィックを利用して、ネットショップを立ち上げて、

年商で1億8000万円の大型サイトに成長させたという、

非常に微妙な立志伝を持つ会社です。

今現在も、奥さんのブログから

15%のお客さんが、流入してくるらしく、

「事業が終わるときは、嫁と離婚する時だ」

と、これまた、日本では聞いたこともない、

経営格言を私に教えてくれました。

 

 

さて、その日の最後の訪問先は、

金融商品の比較サイト「アイマネー」。

ご覧の通り、こちらの社長さんもお若い。

IMG_1406

 

 

 

 

SEOを駆使して、住宅ローンやクレジットカードの、

コンテンツを増やしてお客さんを集客。

そこでクライアントとお客さんが契約した場合に、

手数料を受け取っていくのが、アイマネーのビジネスモデルになります。

日本でいうと、アフィリエイトに近いビジネスモデルといっていいでしょう。

コンテンツは、元新聞記者やプロのライターに文章を書かせており、

「素人に、客が呼べる文章は書けないよ」と社長さんはおっしゃっていました。

また、日本と同様、SEOの難易度が上がっていることを嘆いており

良いコンテンツを作ることが、

最強のSEOの施策になるという点においては、

日本もマレーシアも同じといっていいでしょう。

 

 

さて、その後、ホテルに一旦戻り、

打ち上げと称して、全員でクアルランプールの街に繰り出しました。

IMG_1428

 

 

 

 

地下鉄に乗り、

IMG_1442

 

 

 

 

たどり着いたのが、名物のペトロナスツインタワー。

照明がぼんやりしていて、とても幻想的な風景です。

感慨深い思いで眺めていると、横にいた実藤氏が、

「これと同じ風景を、ファイナルファンタジーで見たことがあります」

と、これまた意味不明な言葉で、

その場の雰囲気をぶち壊してくれました。

その後、近くにある大型ショッピングモールに移動。

このクソ熱いマレーシアで、

IMG_1454

 

 

 

 

なぜか、ユニクロがダウンジャケットを売っていたり、

スポーツ用品店に、

IMG_1459

 

 

 

 

 

お笑い芸人ノッチそっくりの店員がいたり、

それなりにマレーシアのショッピングモールでは、

刺激的な発見が多々ありました。

 

最後は、スタッフ全員でマレーシア料理を堪能。

IMG_1465

 

 

 

 

 

食事をしながら、実藤氏に問いかけました。

IMG_1464

 

 

 

 

「これでマレーシアともお別れだな」

 

IMG_1463

 

 

 

 

「ええ、短い間だったけど、楽しかったですね」

「俺、短期間だけど、マレーシアが好きなったよ」

「あ、竹内さんもですか? 俺もですよ!」

「ホントか?」

「はい、あまりにも気に入りすぎちゃって……」

IMG_1467

 

 

 

 

「サッカーのマレーシア代表のユニフォームを買いました」

「・・・キミはバカかね?」

「安心してください」

「へ?」

IMG_1468

 

 

 

 

 

「竹内さんのユニフォームも買ってあります!」

「俺・・・そこまでマレーシアのこと好きじゃないんだけど」

といいながら、張り切って、

IMG_1472

 

 

 

 

こんなポーズや

IMG_1473

 

 

 

 

こんなポーズまで撮って、

マレーシアの夜を楽しみました♪

最後に、アイ・エム・ジェイのみなさんと別れて、

ホテルにて解散。

明日は実藤さんと二人で、タイに向けて出発です。

「実藤君、明日はバンコクだね」

「ええ」

「土日でも、企業視察できるのかな?」

「さぁ」

「俺、タイは初めてなんだよねぇ」

「・・・」

なぜか、言葉が少なくなる実藤氏。

その時は、まだ、私は実藤氏の

秘めた「野望」を知る余地もありませんでした・・・・・・。

→第3回:試練のマレーシア→タイの“移動編”

 

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ