• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 海外の販促事情 > 東南アジアのネットビジネス①インドネシア編
  • 東南アジアのネットビジネス①インドネシア編

 

こんにちは! いろはの竹内です。

さて、私、2014年9月17日から24日にかけて、

インドネシア、マレーシア、タイの

東南アジア3ヶ国のネットビジネスを視察してきました!

同行してくれたのは、ドロップシッピングで有名な、

株式会社もしも の実藤社長。

IMG_1364

 

 

 

 

ええ、実藤氏とは、2008年のシリコンバレーツアーや、

IMG_0745

 

 

 

 

 

ベトナム・カンボジアツアーなど、

DSCN0753_convert_20090312024314

 

 

 

 

 

何度も海外企業の視察を行っている仲でもあります。

だから、今回のツアーも慣れたもので、

スケジュールや旅程も、すべて実藤氏任せ。

「俺、こう見えても、英検準1級なんですよ」

と、ほざいておきながら、

IMG_1239

 

 

 

 

飛行機の中で、こんな付け焼刃的な英会話本を読んでいる彼を、

信頼していいのかどうか、不安を感じる出発となりました。

そんなこんなで、シンガポールを経由して、

まずは1国目のインドネシアに到着。

IMG_1253

 

 

 

 

ホテルに着くと、

今回の東南アジアの視察ツアーを企画してくれた、

株式会社IMJ Investment Partners(以下、アイ・エム・ジェイ) の

皆様が待っていてくれました!

IMG_1256

 

 

 

 

株式会社アイ・エム・ジェイは、東南アジアのベンチャー企業に

積極的に投資している投資会社さんです。

今回は、一般の人では視察できないような、

面白いネット企業をたくさん視察できるとのこと。

今から非常に楽しみです!

IMG_1257

 

 

 

 

全員が揃ったところで、全員でバスに乗り込み出発。

インドネシアは、人口2億5000万人という

巨大な市場ということもあり、

今、最も東南アジアの中で注目されている国でもあります。

親日の国としても有名で、

多くの日系企業がこの地に進出してきています。

ただ……ネットの環境はまだ未成熟で、

モバイルの端末も切れることがしばしば。

道路も渋滞が多く、

IMG_1259

 

 

 

 

歩道を作る前に、車の道路を作ってしまったという、

なんともアホな状況になってしまったので、

歩行者も車もバイクも、ハチャメチャな状態で走っています。

そんな中、最初に到着した会社が、

インターネットで法人企業に対して工具を販売する「ララリ」。

IMG_1264

 

 

 

 

日本の「モノタロウ」に似たビジネスモデルと言った方が、

みなさんはピンと来るかもしれません。

しかも、ネットからの直接注文よりも、

「ホームページを見たぞ! この商品くれ!」

という、電話による注文が多いとか。

ネットの環境が、まだまだ未発達のインドネシアならではの

売り方といってもいいと思います。

 

お次に回ったのが、ヤフオクやタオバオと同じ、

マーケットプレイス型のCtoCサイト「ブカラパク」

アイ・エム・ジェイのスタッフさんが、

「“インドネシアの南青山”といわれる、

ハイセンスな通りにオフィスを構えている」

というので、期待して行ってみたところ、

たどり着いたのが、この道路。

IMG_1279

 

 

 

 

南青山の裏通りに入っても、こんな田舎道はありません。

さらに、ブカラパクのオフィスに案内されると、

IMG_1287

 

 

 

 

なぜか、会議室に卓球台

しかも、

IMG_1293

 

 

 

 

その卓球台で、ミーティング開始・・・。

社長さんに、なぜ、卓球台を

会議室の机として利用するのか尋ねたところ、

IMG_1297

 

 

 

 

「昼休みに卓球をするからだよ」

と、これまた、話がまったく噛み合わない状況になってしまいました。

さて、そんなインドネシアのCtoC事情ですが、

日本の「ヤフー簡単決済」みたいなシステムが導入されており、

ほとんどノートラブルだとか。

ニセモノのブランド品も正々堂々と売られていて、

IMG_1296

 

 

 

 

「NON-ORIGINAL」と書けばOKだそうです。
(すげぇー)

 

 

次にやってきたのが、インドネシアで女性アパレル商品を販売する

「ピンクエマ」を訪問

IMG_1305

 

 

 

 

スタジオを併設するネットショップのスタイルは、

日本と変わりありません。

IMG_1314

 

 

 

 

また、有名人に自社の商品を着用してもらって、

付加価値を高める販促手法も、日本と同じようです。

アパレル商品のネット通販はインドネシアでも人気で、

おそらく、女性が社会に進出しはじめたことで、

女性が自由に使えるお金が増えたことも

これらの商品が大きく動いている要因のひとつと言えます。

 

その後、夜は繁華街に繰り出し

IMG_1322

 

 

 

 

アイ・エム・ジェイのスタッフと乾杯!

IMG_1323

 

 

 

 

私が注目したのは、今回のツアーに同行してくれた

インドネシア人のアジェさん。

IMG_1325

 

 

 

 

まだインターンの学生さんです。

日本のサッカーが大好きらしく、本田と香川の大ファン。

「そんなに本田は凄くないだろ」

と言ったところ、

 

マジで怒られました。

 

でも、最後はとっても仲良くなり、

IMG_1329

 

 

 

 

「日本語で僕に名前をつけて欲しい」というので、

見た目のイメージで

「塩崎健一」

 

という、日本名を命名したところ、

「シオザキ! シオザキ!」と言って、

とても喜んでくれました(喜ばせていいのか?)。

で、最後は、アイ・エム・ジェイの

インドネシアスタッフのみなさんと記念撮影して解散。

IMG_1327

 

 

 

 

明日は、早朝からマレーシアに飛びます。

→第2回:マレーシア視察はコチラ

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ