• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • 「偽装問題」は、なぜ繰り返し起きるのか?

さて、冒頭からいきなり下世話な芸能ネタで恐縮なんですが、
今、いろいろな意味で話題の
「チャゲ&アスカ」という男性デュオがありますよね。

このユニットの名前をウキペディアで調べたところ、

  • チャゲ&飛鳥(1979年 – 1988年)
  • CHAGE&ASUKA(1989年 – 1990年)
  • CHAGE&ASKA(1990年 – 2000年)
  • CHAGE and ASKA(2001年 – )

と、実はネーミングで、ものすごいマイナーチェンジを繰り返しているんですね。

「ASUKA」を「ASKA」にしてみたり、
「&」を「and」にしてみたり、

おそらく、この二人の間に、ユニット名に関する
いろいろな話し合いがあったんでしょうね。
ちょっと想像してみたんですが…… 

A:「俺、今度、自分のASUKAの“U”の字を取ろうと思ってんだよね」

C:「ふーん」

 

A:「俺、今度、“&”を思い切って“and”にしようと思うんだけど」

C:「ふーん」

 

……この会話の時点で、
何か微妙な変化に気づくところがあったのかもしれませんね(ねーよ)。 

ということで、久しぶりに芸能ネタで書き出した、今回のメルマガですが、
本日のネタは、

「偽装」

についてのお話です。

ちょっとドキっとした人、いるんじゃないですか?

偽装はなぜ起きるのか?

さて、私、今現在、飲食店のメニュー作りの本を書いています。
その関係で、昨年の暮れに相次いで発覚したホテルやレストランの、
食材の偽装事件の記事を読み返しているところなんですね。 

で、いろいろ検証してみたんですが、

この偽装問題は、もしかしたら、私達の身の回りでも簡単に起きてしまうような、
とっても身近な事件ではないかと改めて思いました。

この問題の根深いところは、

当事者は「そんなに悪いことをしていない」と思ってしまっているところなんです。

もし、本当に「悪いことをしている」という意識があれば、
これだけの人数の組織がやらかしたことすから、
もっと早い段階で、外部に情報がリークされていたはずです。

しかし、ほとんどのホテルやレストランが、
今回の偽装問題に関しては、「自主発表」によって問題が世間に明るみになりました。

また、偽装の内容を見ても、そんなにギャップが大きな食材を使ったわけでもなく、
中には「そんなに差がないんじゃん?」というものが、
結構、目に付いたところがありました。 

でも、お客さんに対してウソをついてたのは事実ですし、
これらのホテルやレストランが、社会の倫理観から大きくズレてしまったのは、
言い訳のしようがありません。

むしろ、「偽装が悪いことだ」ということに、気づかない組織ができてしまったことに、
この問題は根深いものがあるのではないかと思います。

では、なぜ、組織の中で「倫理観」がなくなってしまったのでしょうか?

それは、『倫理観のフェーディング』という現象が起きてしまったからなんです。 

最初は「悪いことだ」と思っていても、
そのような倫理観は、時間とともに薄れていってしまいます。

やがて、事実確認の意識も薄れていってしまい、
事実と異なる食材の原料原産地、銘柄や調理法がメニューに記載されても気にならなくなっていきます。

そこに現場のスタッフやアルバイトが入れ替わってしまい、
食材変更の理由を知る人がいなくなると、
さらにメニューやラベルの記載が偽装であることにすら、スタッフは気づかなくなります。 

このように、最初はちょっとした「悪いこと」でも、
時間の経過と組織の変貌によって、
いつのまにか倫理観というのは失ってしまうものなのです。

いいですか?

商売というのは、常に罪深いものです。

「原価」という仕入れ値に「利益」を乗せている時点で、
人からお金を余計に搾取しているわけですから、
本当に相手と対等に取引をするのであれば、

極論を言ってしまえば、「原価」で仕入れて「原価」で売ってあげるのが筋といえます。

100円で仕入れたものを120円で売った時点で、
20円の「付加価値」という名の“欲”を乗せているのですから、
これほど、罪深い行動はないといってもいいと思います。 

しかし、そのような罪深い行動であるからこそ、
商売人としての“正義”は貫き通さなければいけないのです。

倫理観をもって、お客さんに正々堂々と商売をして、
“欲”で乗せた「利益」のぶん、お客さんに満足してもらう商品やサービスを、
商売人は魂を込めて提供していかなくてはいけません。

さてさて、みなさんの会社にも、
いつの間にか『倫理観のフェーデイング』が起きていることはありませんか?

そもそも「商売」なので、まっさらにキレイなことだけをしろとは言いません。
でも、せめて、世間様に後ろ指は刺されない程度の倫理観はもっていなければ、
いつかはお金の恨みを買って、手痛いしっぺ返しを食らうことになりますよ。 

その倫理観をしっかり心に刻んでおけば、
いつのまにか偽装を起こしてしまった組織でも、
またすぐに元に戻る復元力を持った強い会社になりますからね。 

■「アマゾン」と戦う方法を教えます!

【7月31日】 一次募集開始!
これからのお店は「Amazon」にできないことをやって儲けなさい
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201405/D41140731010.html

編集後記

さて、そんな「メニュー表示偽装問題」だったんですが、
指摘された中には、逆に「それはちょっと可愛そうだろ」というものも、
いくつかありました。

例えば、

「『おふくろの味』といって、実は中年の男性シェフが作っていた」
という偽装も問題になったようです。

うーん、これは偽装になるんですかねぇ?

そもそも、「おふくろ」はお客さんのお母さんではありませんからね。
さらに、

「ステラおばさんのクッキーは、実は『ステラおばさん』が作っていない」

という指摘もありました。
ええ、ステラさんが作っているはずがありませんよね。

もっとエスカレートすると、

「『ごはんですよ』は、実はごはんじゃない」

 

……もう、ここまできたら、偽装だかなんだか、さっぱり分かりませんよね。

 

ということで、現在執筆中の飲食店本は、
夏ごろに発売予定となっております!

飲食店だけではなく、食材関連を取り扱う全ての人に使えるような、
そんな面白い内容になっていますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

■7月31日は大阪に集合!

海外の新規ビジネス情報から、ブランディング戦略の話まで完全網羅

一次募集開始! 満員になり次第受付終了
これからのお店は「Amazon」にできないことをやって儲けなさい
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201405/D41140731010.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ