• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 有名人・芸能人の販促ネタ > 一瞬のうちに業界の「トップクラス」に入る方法
  • 一瞬のうちに業界の「トップクラス」に入る方法

こんにちは。いろはの竹内です!

さて、みなさんは昨夜のW杯の日本代表のサッカーの試合、
ご覧になりましたでしょうか?

見事に本田選手がPKを決めてくれましたね!
でも、私が気になるのは、

あの時、ハンドをしてしまったオーストラリアの選手です!

頭を抱え込んでしゃがみ込む、あの切ない表情は、今でも忘れられません!
きっとロッカールームでふさぎこんでいることでしょう。

あまりにも、あの悲しそうな顔が脳裏に焼きついてしまったので、
ちょっと名前を調べたところ、

「マット・マッカイ」という名前の青年であることが判明しました。

1983年1月11日生まれ。ええ、まだ30歳の若者です。
しかも2006年のW杯予選のクゥエート戦で代表デビューしたと思ったら、
次に出場した試合は2009年のインドネシア戦。

3年間も干されてようやく試合に出場したと思ったら、直後の2010年の代表選出から漏れてしまい
それでも踏ん張って、なんとか代表に復帰したところで、

ハンド。

あの時、「僕は触っていないよ」ぐらいの態度を取ってもいいものなのに、
あからさまに頭を抱えてしゃがみ込んだ彼を見て、
私は「なんて素直な子なんだろう」と思いました。

もし、このメルマガをオーストラリア代表のみなさんが読んでいたら、
マッケイ選手を攻めないで欲しいと思います(読んでない。日本語だし)。

ということで。

サッカーのことを何も知らない経営コンサルタントがお届けする、
本日のお話は、

「サッカー」を絡めた経営のお話をさせていただきます。

本当に何も知らないけど、大丈夫かな?

香川選手の年棒が8億4000万円(税抜)のワケ

昨夜のサッカーの試合で活躍した選手のみなさんは、
おそらく、超がつくぐらいのサッカーのうまい人だと思うんですね。
おそらく、何百人、何千人、何万人の中から、

「トップクラス」

と呼ばれるサッカーのうまい人だけを選んで、
そこで形成されたのが、「日本代表」ということになります。

で、日本でナンバーワンの選手のみなさんですから、
当然、年棒もとんでもない金額になります。

例えば、23歳の香川選手で8億4000万円。
長友選手で2億4400万円。

こんな感じで、何事でもそうなんですが、
「トップクラス」というのは常にお金が手に入る仕組みになっているんです。

だから、お金を稼ぎたければ、
頑張って「トップクラス」に入らなくてはいけません。

ある業界の「トップクラス」でも構いませんし、
ある商品の「トップクラス」でもOKです。

営業成績で「トップクラス」だったり、
研究の世界で「トップクラス」だったり、

とにかく自分がトップクラスに入れる仕事をすれば、
その見返りに、満足できる「報酬」を得ることができるわけです。

だから逆を言えば、自分がトップクラスに入れない仕事しかしていないのに、
「もっとお金が欲しい」というのは、
ちょっとナンセンスな話になってしまうわけですね。

営業がちょっと得意とか、
業界で3番目ぐらいで有名だとか、
SEOがほんの少しできるとか、

その程度のトップクラスより“ワンランク下”というポジションでは、
やっぱりお金は回ってこないし、
ビジネスチャンスにも恵まれないで終わってしまうんです。

いいですか?

ちょっと乱暴な意見になるかもしれませんが、
自分が「トップクラス」に入れない仕事を、
ずっと続けている意味はないと思うんですね。

報酬だって中途半端になるし、
やりがいだって中途半端になるし、
第三者からも認められませんから、
当然、ストレスが溜まる仕事になってしまうわけです。

だから、なんとかして、
ライバルが多くて競争過多状態の市場から抜け出して、

「このジャンルだったらトップクラスになれるんじゃないか?」
という自分がナンバーワンになれそうなマーケットを見つけて、
そこで1番を目指した方が、ずっと面白い人生が待っていると思うんですね。

無理してナンバーワンを目指すのは大変ですが、
ライバルが少なかったり、弱かったりする市場で、
トップクラスに入るのは、案外、ラクだったりするわけです。

今、世間で「成功者」と言われる経営者だって、
たまたま自分が「トップクラス」になれる業界を見つけ出せただけであって、
一歩間違ったら、ぜんぜん冴えない男で終わっていた可能性だってありますよ。

楽天の三木谷社長が、漫才師になれたとは思えないし、
ユニクロの柳井社長が、プロレスラーになれたとも思えませんからね。

香川選手と本田選手だって、
今はサッカー選手で「トップクラス」かもしれませんが、
コミケで同人誌を売らせたら、トップクラスになっていたかどうか分かりませんよ。

世で言う成功者なんて、
自分がトップクラスに入れる市場を、早い段階で見つけることができたおかげで、
今のポジションが確立されているだけであって、

もし、この市場の見つけ方を間違っていたり、たどり着いたところが間違っていたりしたら、
また彼らには違った人生が待ち受けていたんだと思います。

さてさて。

みなさんは今「トップクラス」に入れる仕事をしていますか?
ちょこっとだけ市場をズラしてみたり、

ちょこっとだけセールスポイントを変えてみたりするだけで、
あっという間に「トップクラス」に入れることなんてたくさんあります。

自分が気づかないだけであって、
もしかしたら、日本代表に選ばれるぐらいの
素晴らしい才能がアナタには眠っているかもしれませんよ。

指導10年目の実績。現在会員160社以上!

ホームページの作り方、POPの作り方、チラシの作り方、
あらゆる相談に乗ります!

メールや電話で直接アドバイスが受けられる!
月額5000円~【タケウチ商売繁盛研究会】

詳しくはこちら!
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

編集後記

よく高速道路のサービスエリアで、
障害者用の駐車場に思いっきりクルマを停める人っていますよね。

ああいう非常識な光景を見ると、むちゃくちゃ腹が立つほうなんですが、
先日、この話を知人の経営者にしたところ、

「そういうことをする人は、『かわいそうな人』と思えばいいんだよ」
と、教えてくれました。

その社長さんいわく、そういう常軌を逸した行動を取る人は、
必ずどこかでとんでもないしっぺ返しが返ってくるらしいんですね

悪いことは、何倍も、何十倍もになって返ってくるから、
そういう人を見たら、

「この人は、この後、とってもかわいそうなことが起きる人なんだ」
と思えば、怒りも収まると教えてくれました。

でも、この社長さんの言う通り、
確かに、人の厚意をドブに捨てるような行為を取ったりする人とか、
相手を裏切ったり、迷惑をかけたりするような行為を平気でする人で、
その後、幸せになったケースは一度も見たことがないんですね。

「こいつ、最低な人間だな」

と思うと腹が立ちますが、

「この人、本当にかわいそうな人なんだな」

と、思ったほうが、少しだけ心の棘が抜けたような感じになって、
気持ちが軽くなるところはありますよね。

でも、そんな偉そうなことを言いながら、
実は自分が誰かに「かわいそうな人だ」と思われている可能性もあるので、
やっぱり自分の常識は、他人の非常識ぐらいで思っていたほうが、
緊張感があってちょうどいいかもしれないですね。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ