• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ドロップシッピング > ドロップシッピング本の第一弾が出版されました。
  • ドロップシッピング本の第一弾が出版されました。

こんにちは!
いろはの竹内です!

さて、以前から予告していました、
9冊目の新刊「月に100万稼げるドロップシッピン」が、
ようやく発売となりました!

で、いつものようにさっそくネット書店のアマゾンで
販売告知をしようと思ったんですが……。

あれ?

アマゾンで総合ランキングで1位になっちゃってる・・・。
(12日の13:00現在)

あー、自分のメルマガで自分の本の販売を告知する前に、
アマゾンで総合ランキングで1位になると、
「嬉しいやら情けないやら」って感じですよね。

まぁ、それだけこの「ドロップシッピング」という言葉が、
世間の話題をかっさらっているキーワードであることは
ガッチリ証明されたってことなので、
ちょっとホッとしているところではあるんですけども。

「ねぇ、ところでその『ドロップシッピング』って何なの?」

はいはい、すみません。

この「ドロップシッピング」って言葉がなんなのか分からないと、
始まりませんよね。

今回は本の執筆裏話と、
この「ドロップシッピング」についてのお話です。

まずは購入してからメルマガを読みましょう!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404254X

今回の本はマジで面白い!

えー、冒頭から自画自賛で言っちゃいますが、
今回の本は、

面白いです!

ええ、みなさんにハッ倒される覚悟であえて書かせて頂きました!

もちろん、今まで書いてきた8冊の本の、
どれも全てが面白いんですが、
今回の本に限っては初めて、

できあがった本を
自分で最初から最後まで読んでしまいました!

これって、今まで書いてきた本では、
絶対にないことだったんです!

著者しか分からない話なんですが、
本って書いている時は泣きながら死に物狂いで書いていて、
さらに何度も読み直して校正をして、
それでやって本ができることがあるせいか、

できあがっても、
まぁ全てを読み直すことはほとんどない。
飽きるほど読み直していますから。

だけど、今回のドロップシッピング本に限っては、

できあがった本をもう一度読み直しても、
非常に面白かったです!

ええ、しつこいぐらい自画自賛ですが、ネタも新鮮で面白いし、
かなーり丁寧に書いています!で、なによりタメになる。
あと、ようやく9冊目になって、
「ためになる情報」と「面白く書く」という、
ビジネス書として両立ができた感じですね。

特にSEOとPPC広告のところでは、
初めて自分の実戦経験をガツンと書けたことから、
ノウハウについてもかなりガッチリ書かせてもらっています。

だから、「ドロップシッピング」って、
そのものの言葉がわからなくても、
充分、面白くていっきに読める内容になっていますよ!

まずは騙されたと思って一読してみて下さい!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404254X

「あんたの本は面白いのは分かった!
で、ドロップシッピングって何なのよ?」

はいはい。ごめんなさい。
そっちの方が重要テーマでしたね。

えー、「ドロップシッピング」とはですね、
昨年の夏頃、アメリカから日本に上陸した、
いわゆる「ネット上の代理店業システム」のことを言います。

メーカー商品を誰でも簡単に代理販売ができることで、
ローリスクな副業ビジネスとして、
今、サラリーマンや主婦の間で注目を集めています。

最近では日経やワールドビジネスサテライトでも、
ちょこちょこ取り上げられているから、
知っている人は知っているキーワードだと思いますよ。

例えば、「羽根布団を売りたい!」というメーカーがいた場合、
羽根布団単体でネットショップを運営するのは大変ですよね?
また担当者をわざわざ置いてネットショップを運営するのも、
ちょっと予算的にも苦しいところがある。
まして広告費なんかの捻出なんかしたくない。

そういう時に、
商品をドロップシッピングサービスを提供している会社に卸すわけです。

するとですね。

ドロップシッピングに登録している人達が、
「おっ、この羽根布団いいじゃん! 俺に売らしてよ!」

って、言い出して、
ドロップシッピングサービスを提供している会社から、
羽根布団の写真や紹介文を使わせてもらって、
自分でネットショップを構築しちゃうんです。
まぁ、ここらへんはアフィリエイトと似ています。

で、そのサイトを見たお客さんが羽根布団を購入して、
それで、その卸値と売値の差額分が、
利用者の「儲け」となるわけです。

つまり、今までのネットショップ運営は、
消費者とお客さんの時間と距離を縮めることにメリットがありましたが、
次世代ネット通販の「ドロップシッピング」は、
「売り手」と「メーカー」の距離を縮めることができたということが、
最大のメリットだったわけなんです。

「うーん、まだよく分からないんですけど」

そういう人は、
とりあえず、コチラの本をご購入下さい!

月に100万稼げるドロップシッピング
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404254X

本当に分かりやすく書いているんで、
あんまりネットに詳しくない人でも、
充分、理解できると思いますよ!

 

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ