• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 経営コンサルタント > 考え抜けば、人は必ず「殻」を破ることができる。
  • 考え抜けば、人は必ず「殻」を破ることができる。

こんにちは!
経営コンサルタントの竹内です!

さて、先日、娘(高1)とスカイダイビングにチャレンジしたんですが、
私のほうが、娘よりも後に飛んだのにも関わらず、
先に地面に着地していたんですね。

だから、空からフワフワと降りてきた娘に対して、
「いえーい! お父さんのほうが体重が重いから早く着いたぜー!」
と、大はしゃぎしていると、娘はゴーグルを外しながら、
怪訝そうな表情を浮かべて、こう言ってきました。

「落下速度と重さは、あまり関係ないと思うんだよね」

「へ?」

「羽根と鉄球を同時に落としたら、鉄球のほうが早く落ちるよね」

「う、うん」

「でも、あれは重さの関係ではなく、空気抵抗の問題なんだよ」

「・・・はい」

「だから、お父さんは、手を広げるのが遅かったんだよ」

「手を広げる?」

「飛ぶ前に、一緒に飛ぶ人に言われたこと覚えている?」

「何を?」

「『落下の時に、手を広げてください』って」

「あぁ、そういえば」

「たぶん、空気抵抗を大きくして、落下速度を遅くするためなんだよ」

「・・・」

「空気抵抗が大きくなれば、その分、空中に長くいられるわけだし」

「・・・確かに」

「だから、早く落ちたってことは、指示通りに手を広げなかったってことだね」

「・・・」

「パラシュートの開くタイミングや旋回方法にもよるから、一概には言えないけどさ」

といって、娘は、パラシュートのベルトを身体が外し終わると、
私にテクテクと近づいてきて、肩をポンと叩いて、

「物理の宿題やってないの、思い出した」

しらねぇーよ!

というわけで、「次回はバンジージャンプだな」と言って、
ネットで検索してホクホクしている娘に対して、
頼むから一人で行ってくれと願っている今日この頃。

本日のメルマガは、9月15日に開催する
「新規事業」のネタでお話をさせて頂ければと思います。

■実践ワークでビジネス脳を鍛えろ! 社員、スタッフ参加大歓迎!

「中小企業のための新しいビジネスの始め方」セミナー

※席数残りわずか。
【大阪】9月15日(火)
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201507/D41150915011.html

 

今回はいつもと違ったパターンのセミナーですよ!

小さな会社の新規事業が、なぜうまくいかないのかというと、
アイデアだけでビジネスを走らせてしまって、
結果、机上論の商売で終わってしまうからなんですね。

そうならないためにも、自分の考えた新しいビジネスに対して、
どこかで、客観的な視点を持って、考察する必要があります。

で、その“客観的な視点”には6つありまして・・・。

「継続」

「シンプル」

「売り方」

「競合」

「情熱」

「儲かる」

この5つの視点が、自分のビジネスモデルを行う上で、
必ず考えなくてはいけないポイントなんですね。

まず、『継続』というのは、
続けられるビジネスである必要性のことを意味します。

お金がかかったり、人手がかかったりするような、
小さい会社にとって負担が大きな新規事業は、
途中で、企業体力が持たずに、頓挫してしまう可能性があります。

だから、何より小さい会社の新規事業には、
「続けられること」ということが、絶対条件だったりします。

次の『シンプル』というのは、単純なビジネスモデルである点です。

複雑なビジネスモデルや複雑な戦略は、第三者に伝わりづらく、
効率が悪くて、売れなくなる可能性があります。

加えて、複雑なビジネスモデルは、ホームページやチラシで、
説明文が分かりにくくなってしまうので、
お客さんへの伝達力が弱くなってしまいます。

『売り方』というのは、その商品やサービスをお客さんに売り込む方法です。

ホームページなり、チラシなり、DMなり、
何かしらの伝達手段を使って、お客さんに販売していく方法がなければ、
いつまで経っても、お客さんに商品やサービスを売ることはできません。

だから、「口コミでこの商品は売れる」とのたうち回っている経営者は、
まず、商売のセンスがないと思ったほうがいいでしょう。

『競合』は、文字通り、ライバル会社のことを意味します。

競合が手ごわければ、どんなに頑張っても
「新規事業」という弱体組織は勝つことができません。

また、実質の競合ではなくても、代替できる商品やサービスが存在していると、
やはり、新規事業を軌道に乗せるのは難しくなります。

『情熱』というのは、
その新規事業が、どんなことがあっても「成功させる!」という、
強い思いを持っているハートの問題のことを意味します。

経営者でもいいし、担当のスタッフでも構いません。
そのような「情熱」を持っている人が一人でもいれば、
どんな苦難でも乗り越えられるし、
成功へ向けて、試行錯誤を繰り返していく突破力が生まれます。

そう、結局は新規事業も「人」の問題が大きいのです。

そして最後の『儲かる』というのは、
ビジネスモデルそのものが、ちゃんと儲かる構造になっているか、

そこを確認する必要があります。
利益率が低く、どんなに頑張って儲からなかったり、
人手が少なく、注文を多く受けても生産が追いつかなかったり、

「儲からない」という根本的な問題を抱えたビジネスモデルは、
やはりどんな戦略を打ち出しても、改善させることはできないのです。

このように、

「継続」「シンプル」「売り方」「競合」「情熱」「儲かる」
の6つの条件を、全て含んでいることが、
新規事業には必要だったりするわけです。

「おいおい、そんな全部が含まれているビジネスモデルなんてないよ!」
その通りです。

この6つのポイントを含んでいる完璧な新規ビジネスなんて、
世の中にあるわけないです。

だから、この6つの条件で、当てはまらなかった部分をまずは見つけ出して、
その条件を、カスタマイズすることによって、
“勝てる新規事業”に成長させていく必要があるんですね。

例えば、

「マッサージ店」という新規事業があった場合。

おそらく、コストランニングは
人件費ぐらいなので「継続」はさおほど困難ではないし、

ビジネスモデルは「シンプル」だし、
「売り方」も地域のコミュニティ誌の広告を展開すればいいし、

マッサージ経験のあるスタッフを採用すれば、
それなりに「情熱」を持って接してくれると思います。

しかし、このビジネスモデルは「競合」が多いです。
つまり、ここが、このビジネスモデルの“弱点”だったりするわけですね。

だから、「競合」を少なくすることを考えることが、
この新規事業を成功させるための第一歩となります。

例えば、出店エリアを都心部ではなく郊外にズラすとか、
腰痛だけに特化したマッサージ店にするとか、
高齢者に特化したマッサージ店にするのも、いいと思います。

このように、新規事業の問題点を掘り起こして、
それを改善させていく作業を丁寧に行っていけば、
「成功する新規事業」に行きつくのです。

いいですか?

今回、9月15日に大阪商工会議所で開催される

『会社に新たな売上をもたらす「新規事業」のアイデア出しと立ち上げ方セミナー』
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201507/D41150915011.html

に関しては、今までの竹内謙礼のセミナーとは、
ちょっと違った講座タイプにしようと思案中です。

できるだけ、参加者のみなさんでアイデアを出し合ってもらって、
それを僕もひっくるめて考察していくことによって、

ビジネスモデルの「弱点」と、
自分の考え方の「弱点」を炙りだしていって欲しいのです。

そうやって脳みそを活性化させなければ、やっぱり「考え方」というには、
ブラッシュアップできないし、考え方の“殻”を破ることはできません。

社員やスタッフを参加させると、いいビジネス脳の運動になると思いますので、
ぜひ、関西方面の方はご参加していただければと思います!

 

編集後記

今回、自分の持てる知識と経験と能力をフルに使って、
特典として「新規事業100」のアイデアリストを、
参加者限定で無料配布させていただくことになりました。

一部紹介させてもらうと・・・。

■仲介業
難易度 ★★★
→お客さんを紹介したり、ホームページで顧客を誘導したりするビジネス。
リスクが低いので副業でも展開しやすい。

■宅配業
難易度 ★★
→店舗で販売している商品を、自宅に届けるビジネス。
シニアビジネスとして狙い目。客の囲い込みの意味合いも強い。

■移動販売業
難易度 ★★★
→交通の便が悪い僻地や、スーパーが潰れた都心部など、
意外にも移動販売を求めているユーザーは多い。

■清掃業
難易度 ★★★★
→ビルやクルマだけではなく、「意外なもの」を清掃するビジネスにチャンスあり。
人が嫌がることがビジネスに繋がる。

■深夜営業
難易度 ★★★★
→深夜の繁華街で必要とされているビジネスを考える。
歯科医院、生花店、スイーツ店、ペットショップ等、チャンスあり。

と、こんな感じで、
100の新規事業のビジネスアイデアを紹介させてもらっています!

本来であれば、こういう特典は、セミナーで配ってオシマイ・・・
というケースが多いんですが、

今回は、この100リストを使いながら、
さらにビジネス脳をみっちり鍛えるセミナーにしたいと思っておりますので、
ぜひぜひ、ご参加いただければと思います!

ビジネススキルがアップするセミナー、間違いなしです!

【最終案内 席数残りわずか!】
会社に新たな売上をもたらす
「新規事業」のアイデア出しと立ち上げ方セミナー

<大阪>9月15日(火)
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201507/D41150915011.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ